レンタルDVDを壊してしまったときは弁償しないといけないか?

誰もが利用すると思います、レンタルDVD。今なら中学生だって学生手帳さえあれば作ることが出来ます。だからこそ、取り扱いも雑になってしまい、壊れてしまうということもあるでしょう。また、なくしてしまったということもあるでしょう。これは仕方がないことです。失敗するなんてよくあることですから。では、その時は弁償しないといけないのか?それは、店によって違いますし、状況によって違います。なぜなら、カードを作るときに保証金というのを払っているからです。だから、DVDを壊したからといって絶対に弁償ということもないのです。保証金が適用されると言えば、DVDを割ってしまったこと。これは、適用されます。外でなくしてしまった、これも適用されます。しかし、家の中でなくした。ゴミと間違えて捨ててしまったなどは、適用されずに弁償という形になります。もし、DVDを落として割れてしまったとしても、そこは焦らないで借りた店に行って謝るか、電話で問い合せて弁償かどうかを確認しましょう。店によっては保証金を払っているから大丈夫というところもありますが、保証金を払わないところも増えてきており一部弁償といった事もありますので、しっかりと問い合せましょう。また、もうほとんどないでしょうが、ビデオテープも同じであり、保証金が適用される場合と適用されない場合がありますので、注意しましょう。